奇跡のようちゃん

半年前に顔面神経麻痺になり、瞬きができない左目が角膜潰瘍になったよう。

よう

麻痺でおでこの筋肉が萎縮、左目は大きな傷。

よう

顔から表情が消え、かわいいようの顔が変わっていった6月。

呼吸がすぐに苦しくなって、お散歩はひゅうより先にカートに乗って、舌は左にだらんと垂れていました。

よう

委縮した筋肉は戻らない。角膜潰瘍も傷が深いし麻痺もあるので回復に時間がかかる。眼の傷は残ると先生に言われました。

麻痺があっても、左目が見えなくなっても、ようがごはんを食べられてお散歩に行けたらそれでいい。命があればそれだけでいいと思ったあの日。

あの日から半年。こんなにかわいい顔で見つめてくれています。まだ半年しか経っていないなんて、何年も前のような気がします。

ひゅうよう

左目は見えていないけど、瞬きができるくらいに麻痺は回復。

こういう風になってくれたらいいなって思っていた。願っていたようの奇跡。

今、闘病で頑張っているひゅうようのお友達。奇跡を信じて祈ってます。

今日のひゅうようかわいいね♪と思ったら、ぽちっといただけると嬉しいです。

フレンチブルドッグひろば にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました