お薬に頼らないおうちドッグケア<ショップサイト>
愛犬と飼い主さんのナチュラルスキンケア

鼻が取れた!?

ようのウィークポイントは鼻です。

フレブルあるあるですが、小さい頃から鼻がかぴかぴです。

大きくなってからは、かぴかぴに加えて鼻水、鼻づまりでぐじゅぐじゅが加わりました。

毎日クリームでケアしていますが、こんな感じ。クリーム塗っていなかったらもっとひどいと思います。

よう

クリームをつけていたら、久々オオモノが取れました!

鼻の角質

軽く塗るだけでポロっと取れるので、鼻くそ?角質?といつも迷うのですが、今回は角質!

最初は「鼻が取れた!!!!」とビビりました。剝がれてもその下から新しい角質ができているので大丈夫です。

ようちゃんみたいなかぴかぴの鼻の子は鼻クリームで古い角質が取れることがあります。

【ごっそり取れた過去ブログはこちら】

鼻の角質ケア
ようの鼻はカッピカピです。 朝と散歩の後の夕方にお顔は拭いてますが、そんなことでは落ちないカピカピ。 鼻の手術をしてからは、カピカピがかさぶたなのか角質なのか汚れなのかよくわからず、自然に治るまではそぅーっとしてました。 そろそろいいんじゃ...

本来犬の鼻は濡れていますが、鼻が乾燥している子には保湿が必要です。

保湿剤としてワセリンを塗るといいって、よく聞きます。

ワセリンは石油を精製した保湿剤で、表皮に油性のバリアを作って水分の蒸発を防ぎます。

石油が原料と聞くとあまりいいイメージがしませんが、薬局などで販売されている白色ワセリンは不純物を取り除いた純度が高いワセリンで、赤ちゃんや敏感肌の方も安心して使えるお薬として知られています。

メリットは、安価で安全性が高いこと。

デメリットは、人によってはべたつきを感じるかも。

 

ようが使っている鼻クリームはワセリンではありません。

クリアホホバオイルとシアバターだけでできています。

クリアホホバオイルはホホバを原料にしたワックスエステル、シアバターはシアの木から抽出した植物油脂です。

鼻クリーム

ワセリンは表皮にバリアを作って保湿しますが、鼻クリームは皮膚に浸透して潤いをキープします。バリアを作るだけでなく、肌の水分を保持してバランスを整えます。

ワセリンは油脂のバリアを作って保湿、鼻クリームは皮膚に浸透して保湿です。

メリットはナチュラルな成分でさらっとした使用感。安全性が高いこと。

デメリットは高価な油脂であること。(ヒューマングレード、コスメグレードを使用しています)

たくさんのフレブルちゃんにご愛用いただいています💓

鼻クリームはこちら

タイトルとURLをコピーしました