お薬に頼らないおうちドッグケア<ショップサイト>
愛犬と飼主さんのアロマケア

頭の震え

昨夜から点眼してよくなっているのを実感。今朝は目ヤニが少なめでした。

八朔

書くと心配されるのでやめようかと思ったのですが、記録なのでやっぱり残します。

通院の主訴は目ではなく、頭の震えでした。

6月8日の朝、ごはんを食べ終わって伸びをしている八朔が、しっぽを振りながら頭も揺らしてる。

なんかおかしい。

先生に見せるため動画を撮る。頭の揺れがおさまるまで5分くらい。その後は横になって寝てました。

診察の11日までに揺れはなく、現在も普段通りの元気なはっちゃん。

フレンチブルドッグに多く見られる振戦(しんせん)という症状。

脳や神経系の検査をして異常がなければ、先天性のもので命にかかわるようなものでないことも多いそうです。

原因はわかっていない。そのため振戦そのものの治療やお薬もない。

耳の不調やちょっとしたことが引き金になって震えることもあるそうです。

ということで、耳を診てもらうと汚れていたので耳掃除。

耳掃除で治まればいいよね。

ついでに目ヤニがすごいです。ということで、ドライアイの治療になりました。

爪きりと肛門腺のお手入れもお願いして、スタッフさんとも仲良しになって戻ってきたはっちゃん。

コミュニケーション能力の高さは、尊敬です。

八朔

世界ではフレンチブルドッグの飼育頭数の伸び率がトップで、頭数が多くなると色々な症例がでてきて、どうやらフレブルは他の犬種と何かが違うと研究が進み始めたそうです。

「この子たちはちょっと違う」と先生。

振戦は引き続き様子をみて続くようなら詳しい検査を検討することになりました。

はっちゃんは元気なのでご安心ください。

八朔

いろいろあるけどね。だって、ふれぶるだもの。

タイトルとURLをコピーしました