1/2では、ない。

ひゅうのお世話をすることがなくなりました。

ようがいてくれるので、わんこのいる生活はあります。2匹のお世話が1匹になったわけですがお世話が1/2ということではないんですよね。

ウチの場合、1/3から1/4の感覚です。

マッサージもいらなくなっちゃったし。

ひゅう

マッサージ終るとこの笑顔だったので最高のコミュニケーションでした。

ひゅう

ひゅうは2歳の時にヘルニアになって、以降おむつ生活だったので毎日のおむつ交換や洗濯がありました。おむつをしていてももれちゃうので、シーツやラグの洗濯も頻繁でした。皮膚もお腹も弱かった。

ようはトイレは完璧だし、皮膚トラブルも少ない子なのでシャンプーや皮膚ケアも頻度は少ないです。

「手のかかる子はかわいい」まさにそうだと思います。

手のかからないようはかわいくないのか?と聞かれたら、めちゃくちゃかわいいです!!!!

どちらもかわいいのです。

それぞれ違う可愛さがあり、どちらも我が子です。可愛いに決まってる。

ようは飼い主に対して要求吠えはしません。いつも静かに待ってる。ようが家の中で吠えるのはテレビに動物が映った時です。

よう

最近はそれもしないのでようの声を聞いていませんが、抱っこーと甘えてくるのは復活して、ちょっとずつ元気になっています。

よう

ひゅうのお世話はなくなりましたが、お花のお世話がはじまりました。植物のお世話が実は苦手。

お水忘れちゃったり、あげすぎて枯れちゃったり。うちにくる植物はかわいそうなので我が家に植物はありません。

でも、毎朝ひゅうのお花の水を変え、鉢の水分を確認しています。「ひゅう、おはよ」と声をかけ、ちゅーるとおやつをお供えすることは習慣になりました。

ひゅう

こうやって少しずつ、ひゅうがいない生活を受け入れていくんだなと感じています。

今日のひゅうようかわいいね♪と思ったら、ぽちっといただけると嬉しいです。

フレンチブルドッグひろば にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました