飼い主さんのための愛犬学 vol.2 表皮(皮膚バリア)

 

飼い主さんのための愛犬学、2回目です。

意外にも犬の表皮は人よりもうーんと薄いんですよ、というのが前回のお話しでした。

表皮は皮膚バリアの役割を果たしているので表皮が傷つくと、それはもうトラブルまみれの皮膚になります。

痒みがあると掻きむしってバリアはボロボロ。壊れたバリアから外敵は侵入し放題、皮膚から水分は蒸発し放題、毛穴が詰まり毛包内で炎症が起きたり、乾燥しているのにべた付いた皮膚になったり、さらに痒みが強くなり、掻きむしったりして色々なトラブルが発生します。

そんな皮膚バリアのお話です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください