顔面神経麻痺でした

 

年末にようの目が充血してしまい、様子を見ていたらすっかり良くなったと思ったのですが。

またまた充血してしまったので病院に。

たぶん結膜炎だろうと、目薬をもらっておけば安心ぐらいの気持ちでいたのですが。。。

 

顔面神経麻痺でした。

目の周りが麻痺して動かない。瞬きができないのでドライアイになっている。

年末から寝ている時も左目は半目だったし、言われてみれば瞬きはウィンクのように右目だけでしていた。これはもっと前からそうだった。ようの癖だと思っていた。

顔面神経麻痺の原因となるものは、代謝性、感染性、腫瘍性、特発性。

代謝性は甲状腺機能の異常や耳の病気、感染症はウィルス、腫瘍性は脳腫瘍、この3つに該当しない場合は特発性(原因不明)

血液検査、レントゲン、神経学的検査など、今の病院でできる検査をしたところ、代謝性、感染性の疑いは低く、次のステップとしてはMRIで脳に腫瘍がないかの検査になります。

特発性の場合、数週間で治ってしまうこともあるし、原因がわからないので特定の治療もなく様子をみる。

MRIで腫瘍が見つかった場合、脳腫瘍の治療になります。

 

MRIの検査をするかどうか、即決できませんでした。

 

「脳腫瘍」という命にかかわる病気を診断されるのは、正直怖い。

もし腫瘍があった場合治療をどうするか、ようにとってどちらがいいのか、決断しないといけないのが辛い。

 

ひゅうように癌が見つかったら手術はしないと大きい方向性は決めているものの現実味がでてくるとブレます。

 

今できることは、ドライアイにならないよう小まめに点眼すること。

ようを不安にさせないようにいつも通りに過ごすこと。

できることならこのままよくなって欲しい。

ごはんもおやつも食べます。散歩も行きます。元気もあります。

瞬きできないだけでなんにも変わらないのに、どよんと雲がかかったような景色に見えるのって、心の持ちようって本当に大きいです。

だから

ようは大丈夫♡ このまま治るさっ♡

なので、ひゅうようを見に来てくださってる皆様も

あまり心配しないで、ようちゃんは大丈夫でしょ♪って思っていただけると嬉しいです。

 

ご訪問ありがとうございます。今日のひゅうよう、かわいいね♡と思ったらぽちっとしてくれると嬉しいです。

フレンチブルドッグひろば にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村